快適な眼鏡を提案します

福祉申請案内

文字サイズ:

福祉申請案内

障害福祉 眼鏡 単眼鏡 拡大読書器

身体障害者手帳(視覚障害)をお持ちでない方は

身体障害者手帳(視覚障害)が必要になります。各市町村の障害福祉課で交付してもらいます。

  1. 手帳交付申請に必要な書類を、障害福祉課でもらい、医師に記入していただく。
  2. 書類を障害福祉課に提出して、適否の審査後、交付されます。


身体障害者手帳(視覚障害)をお持ちの方は

眼鏡、単眼鏡の場合

  1. 眼鏡給付の申請に必要な意見書を、各市町村の障害福祉課にもらいに行き、医師に記入していただく。
  2. 記入していただいた意見書をお持ちになって、西村眼鏡店に来店していただき、見積書を作成しますので、意見書といっしょに障害福祉課に提出。
  3. 障害福祉課で、眼鏡給付の申請書を記入する。
  4. 適否の審査後、適応なら、給付券が発行されます。
  5. 給付券をもって、店に来店し、注文。

拡大読書器の場合

  1. 西村眼鏡店に来店していただき、商品を選び、見積書を作成。
  2. 見積書を障害福祉課に持っていき、拡大読書器給付の申請書を記入、提出。
  3. 適否の審査後、適応なら、給付券が発行されます。
  4. 給付券を持って店に来店し、注文。


生活福祉 眼鏡

生活保護を受けられている方は、申請できます

  1. 各市町村の生活福祉課に行き、眼鏡給付の為の意見書をいただく。
  2. かかりつけの眼科に行き、医師に意見書を記入していただく。
  3. 眼鏡の検査をしてもらい、眼鏡処方箋を発行してもらう。
  4. 意見書と眼鏡処方箋を持って、店にいき、眼鏡を注文する。


a:4037 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional